ティーツリーの歴史、エピソード:ティーツリーオイルでアロマテラピー

ティーツリーの歴史、エピソード

ティーツリー(ティートリー)の名前は昔、キャプテン・クックがオーストラリアを初めて訪れた時、その葉をお茶代わりとして飲んだのでこの名前が付けられたと言われています。

また、オーストラリアの原住民であるアボリジニがティツリー(ティートリー)の優れた力を発見し、薬用として利用していて、かなり古くから使われていたことがわかっています。

その後、1925年にオーストラリア国立博物館の館長をしていた科学者のアーサーペンフォールド博士が、 ティ−ツリー精油(エッセンシャルオイル)に強力な抗菌作用があることを発見し、公表しました。

そして、各国で医学上の研究が進み、殺菌剤や外傷治療剤として広く使われる様になりました。

また、オーストラリア軍兵士が第二次世界大戦中に医薬品として持ち歩いた事も知られています。

その後、抗生物質の誕生によりあまり使われなくなりましたが、 自然薬への関心の高まりから近年、再び注目を集めるようになりました。

ティーツリーは、皮膚の炎症の治療から、切り傷・すり傷、やけど、風邪・花粉症、 そして水虫やカンジダといった感染症にまで効果があり、 「体に優しい自然薬」としてオーストラリアをはじめ世界中でその価値が認められています。

おすすめ精油(エッセンシャルオイル)

アロマのティーツリーファームズ ティーツリーファームズ はオーストラリアにあるオーストラリア産精油の専門会社です。

直販なので、新鮮で純度100%の高品質オイルをかなりお値打ち価格でお届けしてくれます。

ティーツリーファームズのティーツリーオイルは(精油)は、オイルのグレードは薬用プレミアムグレードに相当し、 香りもマイルドです。